羽田空港サーバー

飛行機や空港に関する情報や気になるニュースを掲載します。

ANA VISAプラチナカード プライオリティパス申し込みから到着まで

f:id:ogatacycle:20160829162926j:plain
今回切り替えたANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードにはプライオリティパスの発行権限あるので早速申し込みました。
このカード自体で国内のカードラウンジとANAラウンジが使えるのでプライオリティパスの出番はほぼありません。
海外ではスタアラ系のラウンジ以外に、プライオリティパスで入れるラウンジが追加されます。

プライオリティパスの種類

会員種別 年会費 ラウンジ利用料 同伴者
スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダード・プラス会員 249ドル 10回まで無料(以降27ドル) 27ドル
プレステージ会員 399ドル 無料 27ドル

プライオリティパスには3つの種類がありプラチナカードで無料発行できるのはプレステージ会員になります。
定価で4万円を越えるプレステージ会員を申し込む人は少ないと思います。日本では楽天プレミアムカードで年会費約1万円で発行する人が一番多いと思います。

申込方法

まずプラチナデスクかVPASSで資料請求を行います。
f:id:ogatacycle:20160829162828j:plain
するとこのようなプライオリティパス申込書が届きます。
そこにカード番号と氏名と生年月日を記入して
f:id:ogatacycle:20160829162838j:plain
返信用封筒に入れてポストに投函します。

発行までの期間は?

f:id:ogatacycle:20160910064845j:plain

8月17日 VPASSからプライオリティパス申込書請求
8月25日 プライオリティパス申込書到着
9月9日 プライオリティパス到着

発行されるまで約3週間と明記してあります。
気長に待ちましょう。私の場合はほぼ3週間で到着しました。

家族カードはどうなる?

f:id:ogatacycle:20160910065214j:plain
ちなみ家族カードを持っている場合はプライオリティパス申し込み時点での家族カード分も自動的に発行してくれます。
また家族カードを持たずにプライオリティパスを持っていて、追加で家族カードを発行した場合は家族カード分のプライオリティパスも自動的に発行してくれます。

同伴者は無料?

一部のプラチナカードやブラックカードで発行したプライオリティパスは同伴者が指定人数まで無料なものもあります。
今回ANA VISAプラチナカードで発行した場合を問い合わせみました。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードに付帯のサービスのプライオリティパスですが、本会員様・家族会員様共にお申し込みいただけ、プライオリティパスカードの発行、ラウンジのご利用がいただけます。

本会員様・ご家族会員様以外でプライオリティパスカードをお持ちでない方がご利用の際は、同伴者料金として、1名様につき27USドルを後日本会員様へご請求させていただきますので、予めご了承くださいませ。

何卒よろしくお願い申し上げます。

との回答ですので、同伴者は有料という結果でした。