JALカード入会で最大10,550マイルプレゼント!

ConoHa WINGのWINGパックは独自ドメインが永年無料で最大33%もレンタルサーバー代が安くなる

ConoHa WINGに今回新たにWINGパックというレンタルサーバーと独自ドメインがセットになったお得な長期利用割引プランが追加されました。

今まで当サイトでも利用しているレンタルサーバーのConoHa WINGはもともと初期費用無料、短時間利用の場合は時間単位の請求というのが基本料金設定でした。

今回追加されたWINGパックの特徴や他社との比較も兼ねて紹介します。

ConoHa WINGの新料金プランWINGパックの詳細

ConoHa WING今まで通常料金のみでしたが今回新たにWINGパックというレンタルサーバーと独自ドメインがセットになったお得な長期利用割引プランが登場しました。

レンタルサーバー代が最大33%安くなる!

ConoHa WING料金表
ConoHa WING料金表
プラン名 通常料金 WINGパック
( )は割引率
3ヶ月 6ヵ月 12ヵ月 24ヵ月 36ヵ月
ベーシック ¥1,200 ¥1,100
(8%)
¥1,000
(16%)
¥900
(25%)
¥850
(29%)
¥800
(33%)
スタンダード ¥2,400 ¥2,300
(4%)
¥2,150
(10%)
¥1,950
(18%)
¥1,850
(22%)
¥1,750
(27%)
プレミアム ¥4,800 ¥4,600
(4%)
¥4,300
(10%)
¥3,900
(18%)
¥3,700
(22%)
¥3,500
(27%)
リザーブド
1GB
¥1,500 ¥1,400
(6%)
¥1,300
(13%)
¥1,200
(20%)
¥1,150
(23%)
¥1,100
(26%)
リザーブド
2GB
¥3,000 ¥2,900
(3%)
¥2,750
(8%)
¥2,550
(15%)
¥2,450
(18%)
¥2,350
(21%)
リザーブド
4GB
¥6,000 ¥5,800
(3%)
¥5,500
(8%)
¥5,100
(15%)
¥4,900
(18%)
¥4,700
(21%)

 

一番人気のベーシックプランではWINGパックの場合、契約期間12ヶ月を見てみると1,200円→900円300円も安くなります。

なんと年間で300円×12ヶ月=3,600円も安くなります!

さらベーシックプラン36ヶ月の場合1200円→800円400円も安くなります。

つまり最大で33%も安くなります!

現在通常料金プランを契約中でもコントロールパネルから簡単にWINGパックに変更できます。

注意
お手続き時点でWINGパックが適用となりその時点までの通常料金で課金された料金については翌月の請求となります。

WINGパック契約中は独自ドメインが1つ永年無料になる!

ブログは無料ドメインでもやることは出来ますが、独自ドメインを取得して利用することが一般的です。

レンタルサーバー代以外にもドメイン維持費用が必要になってきます。

例えば.com(ドットコム)の場合年間1,408円ほど維持費用がかかります。

WINGパック契約中はなんとこのドメイン維持費用が永年無料になります!

新規に独自ドメインを取得しても良いですし、お名前.comなどドメイン会社からConoHa WINGにドメインを移管して無料にすることも可能です。

注意
お名前.comなど他社のドメイン会社のままでは無料になりません。WINGパックの無料独自ドメインを利用する場合は必ずドメインをConoHaWINGへ移管する必要があります。

WINGパックをエックスサーバーとMixhostで比較

WordPress向けレンタルサーバーは契約者数的にやはりエックスサーバーが老舗であり一位だと思います。

エックスサーバーから御中元が届いたお話

次に価格的に安いMixHostも有名です。

これら2社と最も安いプランで比較してみます。

レンタルサーバー料金比較表
レンタルサーバー料金比較表
会社名
(プラン名)
初期費用 契約期間
3ヶ月 6ヵ月 12ヵ月 24ヵ月 36ヵ月
ConoHa WING
(ベーシック)
無料 ¥1,100 ¥1,000 ¥900 ¥850 ¥800
エックスサーバー
(X10)
¥3,000 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,000 ¥950 ¥900
Mixhost
(スタンダード)
無料 ¥1,380 ¥1,180 ¥980 ¥930 ¥880

 

他社と比較してもConoHa WINGWINGパックが最安値ということがわかると思います。

現在エックスサーバーMixHostなどを利用中の方も引っ越しを検討する価値は十分あります!

エックスサーバーからConoHa WINGに引越した結果は?

ちなみにConoHa WINGには無料のWordPressかんたん移行というツールもあります。

WordPressかんたん移行
他社サーバーでお使いのWordPressをご自身の手間無くConoHa WINGへ移行できる、独自開発のWordPressかんたん移行ツールをご利用いただけます。多くの作業が必要で、時間も知識も必要なWordPressの移行作業をワンクリックで完了できます。

WordPressかんたん移行ツール
すでに他社のレンタルサーバーでWordPressを利用中の方は利用して見る価値はあると思います。

ConoHa WING独自の特徴

ConoHa WINGには他社にはないさまざまな特徴があります。

個人的におすすめな機能や特徴を紹介します。

ConoHa WINGはリザーブドプランもおすすめ!

ちなみに私は最安値のベーシックプランではなくリザーブド1GBプランを利用しています。

リザーブドプランとは
収容ホストの負荷が上昇しても、パフォーマンスが変動せずに安定稼動できるプランです。 レンタルサーバーの手軽さはそのままで、CPU・メモリなどのリソースが1契約毎に割り当てられているため、 他のユーザーの利用状況に影響されず常に安定した環境をお使いいただけます。

リザーブドプランの場合、CPUやメモリなどのリソースが1契約毎に割り当てられているためCPUやメモリの使用率確認することができます。

これが私のリソースモニタです。

夜間にGoogle DriveにバックアップをとっているためCPUの使用率が上がっているのがわかります。

メモリ使用率
メモリの使用率も表示でき現在リザーブド1GBプランでWordPressで5つのサイトを運営していますが、メモリの使用率は20%弱くらいです。

サーバーのモニタリングを利用して自動でプランの変更も可能

ブログをやっていると急にバズってアクセスが急増したり、外部からアタックされてアクセス障害になることもありえます。

サーバーモニタリング機能
ConoHa WINGにはサーバーモニタリングという機能があり、好きな条件を設定しその条件に達成するとメールやSlackに通知できたり自動で契約のプランを変更することも出来ます。

自動バックアップもリストア(復元)も無料

ConoHa WINGにはWebデータ・メールデータ・データベースデータ無料で14日間分バックアップをとってくれます。

特に設定することはなく完全自動でバックアップしてくれます。

そして最大の特徴はリストア(復元作業)も無料ということです。

エックスサーバーの場合は有料

エックスサーバーではバックアップデータの提供の際には、下記の通りデータ提供1回ごとに手数料が必要です。

サーバー領域データ … ご指定の日のWeb・メールデータ(税抜:10,000円)
MySQLデータベース … ご指定の日の特定のデータベース1つ(税抜:5,000円)

サーバーが混み合ってきたら空いているサーバーに移行も可能

自分が利用しているサーバーがどの程度空いているのかサーバーの空き状況を知ることが出来ます。

また混雑してきた場合には、空いているサーバーが無料でかんたんに移行することも可能です。

ドメインの管理も可能

ConoHa WINGではドメインの管理も可能になりました。

お名前.comなどでドメインを管理しているとドメインとサーバーと料金の請求などが別々になりますが、ConoHa WINGでではドメインの管理もできるため、お名前.comなどからドメインを移管することでConoHa WINGでで全て管理が可能になります。

ドメイン移管にかかる時間
実際に1つドメインをお名前.comからConoHa WINGでに移管してみましたが、3時間ほどで移管が完了しました。

認証手続きがあるので時間には差があると思いますが、特に難しい手続きはなく簡単にできました。

ブログサービスのサービス終了になるリスク

ブログサービスとWordPressにはどちらも一長一短ありますが、はてなブログのようなブログツールの場合は企業の方針次第でサービス終了になるリスクがつきまといます。

Yahoo!ブログ終了のお知らせ

Yahoo!ブログが終了した例もあります。

ブログは単なる日記の場合もありますが、同時に財産でもあります。

そいうサービス終了のリスクを考えると、WordPressでのブログを書く方をおすすめします。

【無料】はてなブログからWordPressへの移行サービスについて

ConoHa WING

コメントを残す