福岡空港 第1ターミナル閉館 第2・第3ターミナルは「国内線旅客ターミナルビル」へ名称変更

 

第1ターミナルを10月4日で閉鎖し、5日から第2・第3ターミナルに集約


第1ターミナルにある航空会社のカウンターはほとんどが第2ターミナルに移動します。
第2・第3ターミナルの名称が「国内線旅客ターミナルビル」に変更になります。

工事期間と事業費

工事期間2015年7月~2019年3月
事業費約346億円

第1ビルの撤去と3つのビルを集約し新しいビルを整備します。

ターミナル前の道路もを切り替わります


以前は各ターミナル前に駐車場がありましたが、現在は第3ターミナル前の立体駐車場のみとなっています。今後は渋滞緩和などの目的で道路も切り替わります。
そのため、現在の福岡空港は駐車場と空港内を含めは非常にごちゃごちゃしていて使いにくい状態になっています。

新ターミナルビルの主な構成

5階航空会社などの事務所
4階展望デッキ、公園
3階ラーメン店などの飲食店、到着コンコース
2階フードコート、お土産店、出発口
1階航空会社のカウンター
地下1階銀行、歩く歩道
地下2階地下鉄の改札口
2017年正月 工事中の福岡空港レポートと搭乗記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です