ANA SFC会員がJAL平会員の洗礼を搭乗前から受ける

最近ツイッターではちょくちょくつぶやいておりますが、今更ながらJGC修行をしようかと思ってたりします。まぁ未だにJALのお客様番号すら持っていませんが(笑)
そして、何やら来月ちょうど韓国への出張が入りそうなのでJALカードが修行に間に合えばと思い、軽い気持ちでJALの見慣れない画面をポチポチしてみました。

まずはANA


ANAのWEBがリニューアルしてだいぶもう使い慣れた画面をポチポチと韓国便を調べてみました。ちょっと日付が近いこともあってもっと安い予約クラスは空席がなくアップグレード対象クラスが空いていました。

往路の座席


8:40発の羽田→ソウルの空席はがら空きでほぼ好きな座席を選べそうです。まぁアップグレードしてしまえばビジネスクラスなのでどちらにしてもあまり気にする必要はなさそうです。

復路の座席


20:15発のソウル→羽田の空席も往路と同じようにまだがら空き状態で座席の心配はまだ大丈夫そうです。

そしてJAL


見慣れないJAL 国際線の画面をポチポチしてANAと近い時間帯の便を調べてみました。まだ最安値の便が空いていましたが一応条件を同じにするため変更可能な便にしてみました。価格はそれほど変わりませんね。

往路の座席


8:25発の羽田→ソウルの空席を見で驚きました。ほとんど中央座席しか選べません(1箇所だけ通路側があいていますが)。これでは肘掛合戦が発生してしまいます。

復路の座席


もっとも近い時間帯の19:20発のソウル→羽田の空席を見てみました。ほとんど往路と同じ状況でしたorz
トイレに行くことをためらう座席のみ…

上級会員の凄さ

実はこの問題は以前vikさんこちらの記事で書かれていました。

回数修行第1回目の座席指定でJALノンステータスの洗礼を受けました。
ある日の座席指定画面なのですが、指定できるのは窓側でも通路側でもない窮屈な真ん中席

ほぼ同じ時間帯でJALだけ人気のはずもなく、おそらく平会員がどれほど制限され上級会員がどれほど開放されているかがわかりますね。
今回はANAに乗ればアップグレードポイントでビジネスクラスにアップグレード。アップグレードできなくてもANAラウンジなどの航空会社ラウンジで過ごせます。優先チェックインや優先保安検査そして荷物も優先して出てきます。

ANAアップグレードポイントの使い道とその価値について

しかしJALを選んだ場合はカードラウンジかプライオリティパスで入室可能なラウンジで過ごすことに。チェックインカウンターや手荷物もすべて並び待つことに…

今回は流石にANAで行くと思います(ぇ)