【改悪】CRECOポイント付与システム改悪により事実上終了

クレジットカード情報を登録することでクレジットカード会社から利用明細を取得してカレンダーでわかりやすく表示してくれるて、さらにポイントも獲得できるスマホ向けのアプリCRECOが5月1日からポイント付与システムが変更になりました。以下に変更点をまとめましたが、おそらくアンインストールする方が多い改悪内容と思われます。

CRECOとは


CRECOとはクレジットカード情報を登録することで、自動的に利用明細を取得でき、さらに利用金額によってポイントが付与されるスマホ向けアプリのことです。私は、このアプリを利用することでCRECOポイントを3,500ポイントほど獲得してPeXポイントに移行して35,000PeXポイントに交換しました。これはソラチカルートを利用することで3,150マイル分になります。

ソラチカルートとは?ANAマイルへ高レートで交換を実現!

 

システムの変更点

今まではクレジットカードを登録して300ポイント、利用明細を取得して1,000円ごとに1ポイント付与されていました。しかし新システムからは、クレジットカード新規登録時にボーナスポイントとして30ポイント、ご利用明細へのカテゴリー選択1回毎に1ポイントが付与されます。
今までアプリ起動時に明細を自動取得してポイントを獲得できていたのに、明細を取得後1つ1つカテゴリを選択して1ポイント獲得するという非効率な改悪になりました。
ポイントの交換数は、500ポイント単位で交換可能だったのが500ポイントまでに変更されました。※
ポイントの交換回数も上限なしから1回までとなりました。※
※みずほダイレクトアプリと連携することで緩和されます。

旧システム (2017年4月30日まで)

ポイントの貯め方

  1. クレジットカードの新規登録
  2. クレジットカード利用明細の取得
  3. オファーのご利用
  4. アンケートのご回答

ポイント交換数

1回につき500ポイント単位で申請可能

ポイント交換回数

上限なし

新システム (2017年5月1日から)

ポイントの貯め方

  1. クレジットカードの新規登録
  2. クレジットカード利用明細のカテゴリー選択
  3. オファーのご利用
  4. アンケートのご回答

ポイント交換数

500ポイントまで
※みずほダイレクトアプリと連携している場合または、オファーからクレジットカードの発行が完了し、ポイント付与された場合に上限がなくなります。

ポイント交換回数

毎月1日?末日の間で1回のみ
※みずほダイレクトアプリと連携している場合または、オファーからクレジットカードの発行が完了し、ポイント付与された場合に上限がなくなります。

問題のカテゴリー選択方法

  1. CRECOカレンダーのクレジットカードご利用明細を選択する
  2. 「カテゴリーを編集する」を選択する
  3. カテゴリー(サブカテゴリー)未選択を押す
  4. 画面下部のウインドウから、一番近いと思われるカテゴリーを選択する
  5. 保存ボタンを押す
  6. 利用明細にPマークと選択済カテゴリーが表示される
  7. 利用明細の背景が白に変わると入力完了
  8. 獲得したカテゴリーポイントは、ポイント履歴にすぐ反映される

これがカテゴリー選択方法ですが
一体誰が1ポイントのためにこれを1明細ずつやるのでしょうか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です