ANA SFCゴールドカードとプラチナカードの分岐点

ANA SFCゴールドカードとプラチナカードはどれくらいの差がありどのあたりが分岐点なのか調べてみました。

家族会員1名の設定で、年間カード利用額は200万円で試算。

年会費

年会費本会員家族会員合計
ゴールドカード¥16,200¥8,100¥24,300
ゴールドカード(マイ・ペイすリボ)¥12,420¥6,480¥18,900
プラチナカード¥86,400¥4,320¥90,720

VISAの場合マイ・ペイすリボを設定するだけで割引がありゴールドカードの年会費があり安くなります。プラチナカードの場合はマイ・ペイすリボに設定しても割引がありません
差額 ¥90,720-¥18,900=¥71,820

カード継続ボーナスマイル

ゴールドカード2,000マイル
プラチナカード10,000マイル

ここで1マイルの価値が問題になってきます。例えば、

  • スカイコインに変更した場合は1.6円
  • 特典航空券でファーストクラスが予約できたりしたら跳ね上がります。

今回はわかりやすく1マイル2円で計算します。

2000マイル=¥4,000
10000マイル=¥20,000

差額 ¥4,000-¥20,000=-¥16,000

搭乗ボーナスマイル

ゴールドカード+40%
プラチナカード+50%

これは乗らなければ効果がわかりにくい特典です。

例えば平SFCで旅割で羽田→福岡を年間2回往復するとした場合得られるボーナスマイルは

ゴールドカード595マイル
プラチナカード637マイル
-42マイル

片道で-42マイルで2回往復で-168マイル(¥336
安いチケットではあまり効果は見えにくいですね。

ANAラウンジ利用


国内線の場合プラチナカードで利用できますが、すでにSFCの場合は利用できるので価値はありません。
ちなみに国際線の場合は羽田のANAラウンジは¥5,150で利用可能です。
しかしこれもSFCの場合は無料で利用できるのでプラチナカードならではの価値はありません。

プライオリティパス

世界120ヵ国850ヵ所以上の空港ラウンジをご利用いただけるプライオリティパスを差し上げます。ラウンジでは、ドリンクサービス、シャワー、パソコンのご利用、TV、新聞の閲覧などができます。
お申し込みいただいた会員さまには、プライオリティパスカードとガイドブックをお届けいたします。
※ご家族会員の方のカードもお届けいたします。
※サービスのご利用は4月1日~翌年3月31日までとなります。
※継続してご利用いただくためには、翌年の「メンバーズセレクション」にて再度本サービスをお申し込みいただく必要がございます(翌年1月下旬頃にご案内のダイレクトメールをお送りする予定です)。

ANAラウンジ以外のラウンジを利用できるようになります。
プライオリティパスの年会費は4万円とか言われていますが、楽天プレミアムカードでもらえる程度のもの。
楽天プレミアムカードの年会費が1万円くらいなので実際の価値はこれくらいでしょうか。
これは家族会員も発行可能なので2万円の価値としておきましょう。

国内でプライオリティパスが使える空港ラウンジ一覧

プラチナグルメクーポン

プラチナカードの場合プラチナグルメクーポンというものがあります。

銀座 サバティーニ・ディ・フィレンツェ 東京店 (イタリア料理)
2名さま以上で「季節のシェフおすすめコース」お1人さま 19,040円(消費税・サービス料等含む)をご利用の場合、会員さまご本人分のコース料理を無料でご提供。

この例の場合¥19,040お得という事になります。

※本サービスは株式会社ベネフィット・ワンが提供いたします。
※対象店舗およびご利用方法は3月と9月にお届けするクーポンにてご確認ください。
※海外にお住まいの会員さまにはクーポンをお届けできません。
※クーポンの再発行はいたしません。
※クーポンのご利用は会員さまを含めたご利用時に限ります。
※ご利用は予めご予約のうえレストラン毎に設定されるコースをご注文の場合に限ります。飲み物代は対象となりません。
※各レストランでのご利用は半年に1回限りとさせていただきます。

1万円のコースを二人で行けば1万円お得なります。これを年2回ほど行ったとして2万円お得なわけです。2万円出費にもなりますが。。。

ANA VISAプラチナカード プラチナグルメクーポンの詳細について

Visaプラチナ空港宅配

国際線を利用の場合往路復路ともに、2個まで1個500円(税込)、3個目以降通常料金より20%OFFで荷物を送れるサービス。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュのサービスもありますが、これは価値が評価しにくいので0とします。

【保存版】ANA VISAプラチナカードのコンシェルジュにお願いできる内容と結果(随時追加)

マイル還元率

年間200万利用の場合還元率年間マイル
ゴールドカード1%20,000マイル
プラチナカード1.5%30,000マイル

20,000マイル-30,000マイル=-10,000マイル(¥20,000)

最終的に

年会費¥71,820
カード継続マイル-¥16,000
搭乗ボーナスマイル-¥336
プライオリティパス-¥20,000
グルメ・クーポン-¥20,000
マイル還元-¥20,000
合計¥4,516

200万円年間使ってグルメ・クーポンを使うと-5千円くらいの差額ですかね。
グルメ・クーポンを使わない場合は1万5千円くらいの出費になります。

その他にも海外保険などの自動付帯などがあるので、あとは個人の判断って感じでしょうか?

クレジットカードの航空便遅延保険について
クレジットカードのお買物安心保険(動産総合保険)について
クレジットカードの国内旅行傷害保険について

プラチナカードに切り替えました

私はゴールドカードからプラチナカードに切り替えました(笑)

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード到着

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です