【完全無料】ANA上級会員のダイヤモンド修行(机上の空論)

ポイントサイトなどで貯めたポイントをマイルに変えてマイルからスカイコインに変えて無料でANAのプラチナメンバーになっている方はいらっしゃいますが、同じやり方で完全無料でダイヤモンドメンバーになれるのかちょっと計算してみました。
完全無料という定義は難しいですが、今回は航空券に直接お金を使わないという定義にしてみました。

マイルが大量に貯まるポイントサイトリンク集

前提条件


まずANAの上級会員になるにはマイルではなくプレミアムポイント(以下PP)で計算します。このPP単価をいかに下げるかというのは陸マイラーのブログで散々紹介されていますので割愛します。ここでは計算しやすいようにPP単価を10円と仮定します。
また前提条件としてANAゴールドカードを保有しているとします。正確に言うとゴールドカードの年会費がかかるので「完全無料じゃないじゃないか!」との罵声が聞こえてきそうですが、それはちょっと目をつむってください。後ほど説明する方法で計算上実質ほぼ無料になります。

ダイヤモンドメンバーになるには


まずANAの最上級会員ダイヤモンドメンバーになるには10万PP獲得する必要があります。このPPはマイルを使った無料の特典航空券では1ポイントも獲得できません。お金を払って飛行機乗って初めて獲得できるシステムです。

スカイコインとは


マイルではなくお金を払って初めてPPを獲得できるシステムと説明しましたが、実はマイルを仮想通貨のスカイコインに交換することでPPの獲得が可能です。このスカイコインはANAのシステム上現金とほぼ同じ扱いなのです。

マイルからスカイコインへ


マイル→スカイコインに交換する交換率は1倍~1.7倍とステイタスやマイル数によって異なります。ANAのステイタスがゼロの人の場合、ANAゴールドを保有し50,000マイル以上をスカイコインに交換することで交換率が最大で1.6倍になります。ANAゴールドカード保有としたのはこれが理由です。

ダイヤモンドに必要なマイル数

PP単価を10円と仮定した場合、10万PPに必要な現金は100万円となります。

現金からスカイコンへ(1円=1スカイコン)

  • 100万円→100万スカイコイン

スカイコインからマイルへ(交換率1.6倍)

  • 100万スカイコン÷1.6倍=62.5万マイル

62.5万マイルあれば理論上ダイヤモンドメンバーになることができます。ここで問題となってくるのがどうやってマイルを貯めるかということとマイルの有効期限です。

どうやって効率よくマイルを貯めるか

62.5万マイルをどうやって貯めるかですが、ポイントサイトを駆使してソラチカルート経由することでソラチカルートのみで1ヶ月あたり18,000マイル年間21.6万マイル貯めることが可能です。

ソラチカルートとは?ANAマイルへ高レートで交換を実現!
マイルが大量に貯まるポイントサイトリンク集

マイルの有効期限の問題


マイルの有効期限は一般会員の場合3年となっています。

  • 62.5万マイル÷21.6万マイル≒2.9年
  • 2.9年<マイル有効期限3年

ぎりぎり62.5万マイルを3年で貯めることでギリギリマイルの有効期限内に完全無料でダイヤモンドメンバーに計算上なれます。

2年目以降のダイヤモンド維持修行

2年目以降もダイヤモンドを維持したい場合、かなり複雑な計算になってきますので今回やかなり計算を単純化しています。1年間頑張って貯めたPPが翌年の1月1日にはまたゼロからのスタートです。

ダイヤモンドメンバー特典


2年目の場合はステイタスがダイヤモンドということが大きなポイントになってきます。ダイヤモンドメンバーになると様々な特典が付与されます。

「ダイヤモンドサービス」メンバー限定選択式特典

ANA SKY コイン コースを選ぶとANA SKY コイン 60,000コイン(60,000円分)が獲得できます。

  • 60,000コイン

そしてANAスイートラウンジ利用券6枚がもらえます。スイートラウンジ利用券はメルカリで見てみると1枚約6,000円程度で取引されていいました。メルカリの手数料10%を考慮してみると

  • 6,000円×6枚×90%=32,400円

ここで獲得した現金をゴールドカードの年会費(9,500円)に補填できます。

アップグレードポイント


ANAの上級会員になるとアップグレードポイントが獲得できます。支給されるポイントは前年のPPによって変わってきますが、前年にダイヤモンド修行をした場合10万PP以上を獲得しているのでアップグレードを40ポイント獲得できます。

ANAアップグレードポイントの使い道とその価値について

このアップグレードポイントには様々な使い方があり、使い方次第で価値が大きく変わります。最も価値の低い使い方はスカイコインに交換することです。

  • 40アップグレードポイント=4万スカイコイン

前年度のフライトマイル


フライトや予約クラスによって獲得マイルが大きく変わってきます。ここでは計算しやすく以下のような条件にしました。

  • ANAゴールドカード保有
  • 羽田-那覇路線
  • プレミアム旅割28

すると1回のフライトで2,860PP獲得できます。これをベースに考えると

  • 100,000PP÷2,860PP≒35回

前年度のダイヤモンド修行に約35回フライトした計算となります。

  • 1,537マイル×35回=53,795マイル

前年度のダイヤモンド修行で53,795マイル獲得した計算になります。

  • 53,795マイル×1.7倍=91,451コイン

ポイントサイトで獲得したマイル

この年も21.6万マイル獲得したとすると

  • 21.6万マイル×1.7倍=367,200コイン

獲得できるスカイコインの合計

選択式特典60,000コイン
アップグレードポイントから40,000コイン
前年度のフライトマイル53,795コイン
ポイントサイトから367,200コイン
合計520,995コイン

すでにこの時点で50万コインを超えてPP単価10円としてもすでに2年目もプラチナメンバーになれました(笑)

結論

今回は計算しやすくPP単価を10円にしたりアップグレードポイントをすべてマイルに交換するなどかなり効率が悪いにもかかわらず、3年かけることで完全無料でダイヤモンドメンバーになれ2年目以降も50万コイン強獲得できることがわかりました。PP単価を6円近くまで下げることで2年目以降の完全無料ダイヤモンド修行も夢じゃないかもしれません(笑)

※この計算はあくまで机上の空論なので当方は一切責任は負いません。というか3年後にはシステムが変わっていると思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です