JALカード入会で最大10,550マイルプレゼント!

【レビュー】PD対応!Anker PowerLine II USB-CーLightningケーブル

ついにこの日がやってきました!あのモバイルバッテリーなどで有名なAnkerからAppleのMFi認証を取得したUSB-CーLightningケーブルが発売になったのです。

これまでiPhoneを高速充電させるためにはUSBのPower Delivery(PD)に対応したケーブルを使用する必要がありました。

そのためにはApple純正のケーブルしか選択肢がなく高額なケーブルを購入する必要がありました。

しかしついにサードパーティのAnkerからPD対応のケーブルが発売されたのです!!

今回早速そのケーブルを入手したのでいろいろと検証してみました。

USB-CーLightningケーブルの価格

メーカーAnkerAppleApple
長さ0.9m1m2m
価格1,599円1,800円3,800円

あまりにもApple純正の1mが高すぎたため値下げされましたが、2mはそのままなので価格差がこのようになっています。

Power Deliveryの規格

タイプ電圧電流電力
USB2.05V0.5A2.5W
USB3.05V0.9A4.5W
USB3.15V1A5.0W
USB PD(5V)5V3A15W
USB PD(9V)9V3A27W
USB PD(15V)15V3A45W
USB PD(20V)20V5A100W

PDには各電圧と最大の電流が決められています。

今回iPhoneで利用可能になるのは9Vの電圧になります。

Anker PowerLine II USB-CーLightningケーブル開封!

Amazonからの配送はポストに投函されていました。

開封してみるとケーブルには、束ねるマジックテープが付属していました。

正真正銘のUSB-CーLightningケーブルです!!

USB-C側のケーブルにはシリアル番号が印字されてました。

実際にPDで充電されるか?

通常PD未対応の場合、5V×2.4A=12Wが最大です。

こちらのUSBポートに電流電圧チェッカーを取り付けて測定してみました。

ころころと数値が変動していましたが、この瞬間は9.31V×1.63A=15WとPDで充電出来ていました。

さらにワットチェッカーでも測定してみました。

充電が70%以上のiPhoneを接続した場合、供給電圧は5VでPDではなく通常充電となりました。

充電が70%未満のiPhoneを接続すると供給電圧が9VになりPDでの高速充電になりました。

無事にPD対応で高速充電可能なケーブルを入手することが出来ました!

iPhoneで高速充電をされたい方や、MacのUSB-Cポートから直接iPhoneを接続したい方におすすめです!

コメントを残す