はてなブログのHTTPS化は完全にユーザー任せの対応だった

はてなブログのHTTPS化が遅れに遅れること数ヶ月、やっとはてなドメインから対応が始まりました。

はてなブックマークやはてなスターとの連携をどうするのか気になってました。

自動でHTTPS化するならすごいなと思っていましたが、実際は完全HTTPS化はユーザー任せの対応だったことが判明しました。

完全HTTPS化とは

HTTPS化には2つのパターンがあります。単純にURLをhttp://からhttps://に変更するだけの見かけのHTTPS化と、記事内の参照URL(画像など)もhttps://に変更する完全HTTPS化です。

見かけのHTTPS化をすると問題になるのが混在コンテンツ(Mixed Content)の問題です。

ポイント

HTTPで配信するコンテンツがHTTPSページに混在する場合、HTTPSアルゴリズムによる恩恵を受けられなくなる可能性があることを、グーグルのジョン・ミューラー氏が示唆した。

HTTP混在コンテンツはHTTPSページとして評価されなくなるかも

この混在コンテンツを解消する方法がはてなブログから発表されました。

ヘッダのタイトル画像・背景画像

デザイン設定画面からアップロードしたヘッダのタイトル画像・背景画像
ブログのヘッダをカスタマイズしている方で、ヘッダのタイトル画像や背景画像がHTTPで配信されている場合があります。再度同じ画像をアップロードし直すことで解消します。

簡単に言ってますが、結局は

再度画像をアップし直すしか解消方法はない

ということみたいです。

はてなフォトライフの画像

はてなフォトライフにアップロードした画像
「はてなフォトライフ」にアップロードした画像がHTTPで配信されている場合、一部を除き、記事を再度「更新する」ことで解消しま

はてな記法で書かれている場合
編集画面を「はてな記法モード」や「Markdownモード」でご利用で、[f:id:sample:20180308000000j:plain]というような記載で画像を貼り付けている方は、記事を再度「更新する」ことで解消します。

URLを直接埋め込んでいる場合
見たままモードでご利用、あるいはimgタグでURLを直接埋め込みしている場合、http://cdn-ak.f.st-hatena.comで始まるURLであれば、URLのスキームをhttpsに書き換えhttps://cdn-ak.f.st-hatena.comにしてください。これ以外のURLをご利用の場合は、再度同じ画像を、はてなフォトライフにアップロードし直してください。

これユーザーのこと考えてますか?記事数が少ないならまだしも、何百記事もある場合

すべて手動で更新しないと混在コンテンツが解消されず完全HTTPS化できない

ということです。

公式テーマ以外の問題

デザインテーマの虫眼鏡アイコン画像
サイドバーモジュールの「検索」をご利用の方で、デザインテーマによっては虫眼鏡のアイコン画像がHTTPで配信されている場合があります。はてなブログユーザーが投稿したテーマの場合は、テーマが修正されるのをお待ちください。公式テーマでは、HTTPSへの対応を完了しています。

これはHTTPS化するにあたって予期していた問題で「はてなはどうやって解決するのかなぁ?」と思っていた部分でもあります。

公式テーマHTTPS化が完了していますが

それは以外のテーマは完全にテーマ作成者任せ

テーマを使用しているユーザー側は何もすることが出来ませんのでテーマがHTTPSに対応されるまで待つしかありません

はてなブログの致命的な問題

はてなブログには現在記事を一括で書き換えたり置換したりするツールがありません。そのため「記事を再度更新してください」というアナウンスになっているのだと思います。

このままでははてなブログは混在コンテンツだらけの個人ブログになりそうな気がします。。。

HTTPS化したい方はWordPressへの移行をおすすめします(^o^)

当サイトでははてなブログからWordPressへの移行を無料で承っております。詳細をこちらをご覧下さい(^^)

【無料】はてなブログからWordPressへの移行サービスについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です