【航空機遅延保険】カード会社別の補償内容の違い

一般的にゴールドカード以上のクレジットカードは様々な保険は付帯されています。旅行中に死亡した場合から様々ですが、おそらく保険の中でも最も活躍頻度が高いのが航空便遅延保険だと思います。
この保険は搭乗予定の便が大幅に遅延したり欠航になったり預けた手荷物が何処かに行ってしまったりという時に補償してくれるものになります。
そこで今回はマイラーに人気のカードを比較してみました。

VISAゴールド『ANA VISAワイドゴールドカード』


正式名称:航空便遅延保険

航空便の遅延や欠航、手荷物の配達遅延・紛失などで負担した一定の費用を補償

  • 海外旅行の場合は自動付帯
  • 国内旅行の場合は利用付帯

※利用付帯とはこのカードで飛行機代などを支払った時のみ対象

対象者:三井住友プラチナカードの本会員およびご家族会員の方が対象

国内旅行の場合の保険金額は、下記のいずれかを満たした場合補償されます。

  1. 航空便に搭乗する前に被保険者がその料金を当該カードで支払った場合
  2. 被保険者がカード会社を通じて航空便の予約を行い、その料金を当該カードで支払った場合
  3. 宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中で、被保険者がその料金を当該カードで支払った場合

乗継遅延費用 2万円限度

海外旅行において、被保険者が旅行期間中に航空便を乗り継ぐ場合において、到着便の遅延によって出発便に搭乗することができず、実際の到着時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合
乗継地点において代替便が利用可能となるまでの間に被保険者が実際に負担した食事代およびホテルなどの客室料

出航遅延・欠航・搭乗不能費用 1万円限度

海外旅行において、被保険者が旅行期間中に搭乗予定の航空便について、次のいずれかの事由が生じ、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合

  • 4時間以上の出航遅延
  • 欠航・運休
  • 搭乗予約受付業務の瑕疵による搭乗不能

出航地において代替便が利用可能となるまでの間に被保険者が実際に負担した食事代
ホテルなどの客室料はお支払いの対象となりません。

手荷物遅延費用 1万円限度

海外旅行において、被保険者が旅行期間中に搭乗する航空便が目的地に到着してから6時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった場合
受託手荷物の中に、被保険者が携行する身の回り品のうち、下着・寝間着など必要不可欠な衣類または洗面道具・剃刀・櫛などの生活必需品が含まれていた場合に限ります。
目的地において被保険者が実際に負担した必要不可欠な衣類および生活必需品の購入費用または賃貸費用

手荷物紛失費用 2万円限度

海外旅行において、被保険者が旅行期間中に搭乗する航空便が目的地に到着してから48時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった場合
受託手荷物の中に、被保険者が携行する身の回り品のうち、下着・寝間着など必要不可欠な衣類または洗面道具・剃刀・櫛などの生活必需品が含まれていた場合に限ります。
航空便の目的地到着後96時間以内に、目的地において被保険者が実際に負担した必要不可欠な衣類および生活必需品の購入費用または賃貸費用

AMEXゴールド『SPG AMEXカード』


海外旅行/航空便遅延費用

  • 海外旅行の場合は自動付帯

保険の対象者(被保険者)は基本カード会員ご本人様となります。
海外旅行を目的にご住居(日本国内)を出発されたときから、ご住居にお戻りになるまで(日本出国の前日から入国の翌日まで)の最長90日間補償されます。

乗継遅延費用 2万円限度

被保険者が航空便を乗り継ぐ場合において、乗り継ぎ地点へ到着する被保険者の搭乗した航空便の遅延によって乗り継ぎ地点から出発する被保険者の搭乗する予定だった航空便に搭乗する
ことができず、到着便の実際の到着時刻から4時間以内に出発便の代替となる他の航空便を利用できなかったとき
① ホテル など客室料
乗り継ぎ地点において、出発便の代替えとなる他の航空便が利用可能となるまでの間に被保険者が負担したホテルなどの宿泊料
②食事代
乗り継ぎ地点において、出発便の代替えとなる他の航空便が利用可能となるまでの間に被保険者が負担した食事代金

出航遅延、欠航、搭乗不能費用 2万円限度

被保険者が搭乗する予定だった航空便について、出航予定時刻から4時間以上の出航遅延、航空便の欠航もしくは運休または当該航空会社の搭乗予約受付業務のかしによる搭乗不能が生じ、
当該航空便の出航予定時刻から4時間以内に代替えとなる他の航空便を利用できないとき
①食事代
出航地において、当該航空便の代替えとなる他の航空便が利用可能となるまでの間に負担した食事代

受託手荷物遅延費用 2万円限度

被保険者が搭乗する航空便が予定していた目的地に到着してから6時間以内に、被保険者が携行する身の回り品で、かつ、航空便の搭乗時に当該航空会社が運搬を受託した手荷物が予定していた目的地に運搬されなかったために、被保険者が予定していた目的地において費用を負担することによって損害を被ったとき。

①衣類購 入費用
受託手荷物の中に、下着、寝間着など必要な衣類が含まれていた場合で、被保険者が当該目的地においてこれらの衣類を購入し、または貸与を受けたときの費用
※普段着とは違った利用形態をとったものは不可
②生活必需品購入費用
受託手荷物の中に、洗面用具、剃刀、くしなどの生活必需品(上記の 衣類を除く)が含まれていた場合で、被保険者が当該目的地においてこれらの生活必需品を購入し、または貸与を受けた時の費用
※メガネ や時計・貴金属類などは対象外

受託手荷物紛失費用 4万円限度

被保険者が搭乗する航空便が予定していた目的地に到着してから48時間以内に、受託手荷物が予定した目的地に運搬されなかった場合に、当該受託手荷物は紛失したものと見なし、被保険者が予定した目的地において費用を負担することによって損害を被ったとき。

航空便が予定していた目的地に到着してから96時間以内に被保険者が予定していた目的地において負担した①、② の費用
①衣類購入費用
②生活必需品購入費用
1回の受託手荷物の紛失について40,000円まで
※受託手荷物遅延費用と受託手荷物紛失費用においてそれぞれに条件を満たした場合、お支払いする費用は両者の合算を限度額とします。
(6時間以上20,000円結果的に48時間以上40,000円 合計60,000円)

JCBゴールド/プラチナ『JAL JCB(ゴールド)プラチナカード』


JCBはゴールドとプラチナの保証内容は同じです。
正式名称:国内・海外航空機遅延保険

  • 海外旅行の場合は自動付帯
  • 国内旅行の場合は自動付帯

補償金請求者:JAL・JCBカードプラチナ本会員・家族会員

お支払いできない主な場合
・被保険者、保険金受取人(これらの者の法定代理人を含みます)の故意、重過失ま たは法令違反
・地震、噴火または津波
・戦争、その他変乱(テロ行為を除く)、放射線照射、放射能汚染
※海外航空機遅延保険については、海外旅行傷害保険の補償期間外に生じた事故

乗継遅延費用保険金 2万円限度

搭乗した航空機の遅延により乗継する予定の航空機に搭乗することができず、遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合に、1回の遅延につき乗継遅延費用保険金額を限度として、ホテル等客室料および代替便が利用可能となるまでの間に負担した食事代金をお支払いします。

出航遅延費用等保険金 2万円限度

搭乗予定の航空機について、出航遅延、航空機の欠航・運休または搭乗予約受付業務のかしによる搭乗不能が生じたことにより、出航予定時刻から4時間以内代替便を利用できなかった場合に、1回の遅延等につき出航遅延費用等保険金額を限度として、当該航空便またはその代替便が利用可能になるまでの間に負担した食事代金をお支払いします。

寄託手荷物遅延費用保険金 2万円限度

搭乗した航空機に預けた手荷物が航空機の到着後6時間以内に到着しなかった場合に、その手荷物が到着していないことを理由として、空港に到着してから48時間以内の旅行行程中において負担した衣類購入費用または生活必需品購入費用を1回の遅延につき寄託手荷物遅延費用保険金額を限度として、お支払いします。

寄託手荷物紛失費用保険金 4万円限度

搭乗した航空機に預けた手荷物が航空機の到着後48時間以内に到着しなかった場合は、その手荷物は紛失されたものとみなし、その手荷物が到着していないことを理由として、空港に到着してから96時間以内の旅行行程中に負担した衣類購入費用または生活必需品購入費用を、1回の紛失につき寄託手荷物紛失費用保険金額を限度としてお支払いします。

VISAプラチナ『ANA VISA プラチナカード』


正式名称:航空便遅延保険

航空便の遅延や欠航、手荷物の配達遅延・紛失などで負担した一定の費用を補償

  • 海外旅行の場合は自動付帯
  • 国内旅行の場合は利用付帯

※利用付帯とはこのカードで飛行機代などを支払った時のみ対象

対象者:三井住友プラチナカードの本会員およびご家族会員の方が対象

国内旅行の場合の保険金額は、下記のいずれかを満たした場合補償されます。

  1. 航空便に搭乗する前に被保険者がその料金を当該カードで支払った場合
  2. 被保険者がカード会社を通じて航空便の予約を行い、その料金を当該カードで支払った場合
  3. 宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中で、被保険者がその料金を当該カードで支払った場合

乗継遅延費用 2万円限度

海外旅行において、被保険者が旅行期間中に航空便を乗り継ぐ場合において、到着便の遅延によって出発便に搭乗することができず、実際の到着時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合
乗継地点において代替便が利用可能となるまでの間に被保険者が実際に負担した食事代およびホテルなどの客室料

出航遅延・欠航・搭乗不能費用 2万円限度

海外旅行において、被保険者が旅行期間中に搭乗予定の航空便について、次のいずれかの事由が生じ、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合

  • 4時間以上の出航遅延
  • 欠航・運休
  • 搭乗予約受付業務の瑕疵による搭乗不能

出航地において代替便が利用可能となるまでの間に被保険者が実際に負担した食事代
ホテルなどの客室料はお支払いの対象となりません。

手荷物遅延費用 2万円限度

海外旅行において、被保険者が旅行期間中に搭乗する航空便が目的地に到着してから6時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった場合
受託手荷物の中に、被保険者が携行する身の回り品のうち、下着・寝間着など必要不可欠な衣類または洗面道具・剃刀・櫛などの生活必需品が含まれていた場合に限ります。
目的地において被保険者が実際に負担した必要不可欠な衣類および生活必需品の購入費用または賃貸費用

手荷物紛失費用 4万円限度

海外旅行において、被保険者が旅行期間中に搭乗する航空便が目的地に到着してから48時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった場合
受託手荷物の中に、被保険者が携行する身の回り品のうち、下着・寝間着など必要不可欠な衣類または洗面道具・剃刀・櫛などの生活必需品が含まれていた場合に限ります。
航空便の目的地到着後96時間以内に、目的地において被保険者が実際に負担した必要不可欠な衣類および生活必需品の購入費用または賃貸費用

まとめ

JCB
ゴールド
プラチナ
VISA
ゴールド
AMEX
SPG
(ゴールド)
VISA
プラチナ
国内自動付帯利用付帯利用付帯
海外自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
乗継遅延2万円2万円2万円2万円
欠航2万円1万円2万円2万円
手荷物遅延2万円1万円2万円2万円
手荷物紛失4万円2万円4万円4万円

年会費と補償内容を見てみると国内も自動付帯で補償金額も高いJCBが一番良いという結果ですね。1枚はANAでもJALでも構いませんがJCBゴールドがあると良いかもしれません。

ちなみにJCBでも楽天プレミアムカードはプライオリティ・パスは無料で発行できますが航空機遅延保険などは無いのでご注意下さい。

国内でプライオリティパスが使える空港ラウンジ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です