iOS11.1.2にアップデート後バッテリー消費が激しい問題への対策

先日、iPhone7をiOS11.1.2にアップデートしたところ、バッテリーが尋常じゃないスピードで消費するようになりました。

いつもiPhoneの目覚ましを使って起床しているのですが、iOSをアップデートしてから目覚ましがならず…

画面を見てみると真っ暗でホームボタンも反応なし。

とりあえず、充電してみるとバッテリー切れになっていたようです。

次の日からバッテリーを豊富に充電して寝るようにしても起きてみると既に10%くらいしかない状態…

ちょっと原因を調べてみました。

同様の現象が相次ぐ

iOS11.1.2 バッテリー」でリアルタイム検索してみると、同様の現象が多数発生していました。みなさんどうもiPhone7で発生している様子です。

バッテリーの詳細

iPhoneの「設定」ー「バッテリー」で一番下にスクロールするとフル充電後からの使用時間とスタンバイの時間を知ることが出来ます。

なんとこの時間がほぼ同じだったのです。

つまりスタンバイモードに入れず夜中の寝ている間も常にフル稼働状態

そりゃバッテリー食いますよね…

iPhone6は正常

ちなみにもう一台のiOS11.1.2にアップデートしたiPhone6は正常にスタンバイに入れており、バッテリーの消費も正常でした。

行った対策

バックグラウンドで起動しているアプリを上にスワイプして一旦全て落とす

ネットワーク設定とキーボードの変換学習をリセットする。

その後再起動する。

その後

これで無事にスタンバイに入るようになりました。

iPhone7でバッテリーがやけに減るのが早い方は一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です