伊丹空港から千里川土手へバスで行く方法

千里川土手は飛行機が好きな方には有名な撮影スポットです。先日伊丹空港に行って少し時間があったのでバスで行ってみました。

3つの交通手段

伊丹空港から千里川土手に行くには3つの交通手段があります。

移動手段金額時間
タクシー1500円位約10分
バス210円約30分
徒歩0円約40分


この日の大阪の最高気温はなんと38度という猛暑の予報でした。徒歩で行くと40分以上かかると表示されたのでバスで行ってみることにしました。

伊丹市営バス25系統乗り場


伊丹空港の到着口からまずはバス停まで歩いていきます。千里川土手の近くに行けるバスは25系統の市営バスです。バス乗り場は出発ターミナル付近の9番乗り場でした。

伊丹空港発の25系統の時刻表

1時間に平均して2~3本しか無いので注意して下さい。

JR伊丹行き 伊丹空港発
時刻平日土日祝日
64038
700 20 4303 18 43
810 3008 23 56
904 24 4916 36
1014 3406 32 57
1104 24 4417 37
1214 29 5902 32 57
1314 29 5922 57
142422 57
1509 2922 52
1604 29 5917 48
1719 5108 28 58
1811 4118 42
1906 37 5202 29 49
2022 4019 38
2110 4003 33
22108

市営バスはSuicaが使えません


この市営バスはSuicaやPASMOは使えません。ICOCAなど持っていないので現金210円で支払いました。Suicaで支払おうとしてエラーが出て「Suicaは使えませんから!」と怒られます(;・∀・)

宮川原橋で下車


涼しいバスの車内でくつろいでいると『宮川原橋』という5つ目のバス停で下車します。

バスを降りたらローソンへ


バスを降りたらまずは近くのローソンの看板が見えるのでローソンへ行くことをおすすめします。これ以降コンビニなどがないので、食料や飲み物を調達したりトイレに行くことをおすすめします。

千里川土手に向けてひたすら歩く


ローソンを出て再びバス停の方向に戻って、バス停を通り過ぎます。


バス停を過ぎて最初の交差点を右に曲がります。


しばらく道なりに進みます。


橋を超えたあたりで川沿いに右に曲がります。


あとはこの川沿いを歩いていくと


飛行機が見えるのでもう場所はわかると思います。

飛行機が真上を通過


滑走路のすぐ近くまで行けるのですごい迫力で飛行機を見ることができます。


撮影しているとちょうどライトがついて「チカチカ」と点滅しだしました。

 

 

 


ちょうと大型機・中型機・小型機・プロペラ機の着陸を見ることができました( ̄ー ̄)bグッ!

www.youtube.com
動画も撮影しておきました(*^^*)

帰りの時刻表

帰りは着た道を帰って道路の反対側のバス停で伊丹空港に戻ります。帰りも1時間に2~3本しかないので注意しましょう。

伊丹空港行き 宮川原橋
時刻平日土日祝日
630 5029 54
710 30 5709 34 59
817 5214 46
912 3706 26 56
1002 22 5221 46
1112 3206 26 51
1202 17 4721 46
1302 17 4711 46
1412 5711 46
1517 5211 41
1617 4706 36 56
1707 37 5716 46
1827 5206 31 51
1925 4019 39
2010 3009 29 54
2100 3024 59
220

熱中症などに注意しましょう


帰りの気温は37℃になっていました…


暑い日はみなさん熱中症に注意して飛行機を楽しみましょう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です