【納税】『都税クレジットカードお支払サイト』でANAマイルを貯める!!

今年も自動車税や固定資産税の納税時期になってきましたね。今までは納税といえばnanacoにクレジットカードからチャージしてポイントをゲットするのが常套手段でした。しかし東京都民の場合は『都税クレジットカードお支払いサイト』が用意されているので直接クレジットカードで税金の支払いが可能です。クレジットカードを使う場合は別途手数料が発生します。そこでどの支払い方法が一番お得なのか調べてみました。

都税クレジットカードお支払サイトとは


都税 クレジットカードお支払サイト
東京都税局が運営していてトヨタファイナンス株式会社が指定代理納付業者となっています。

試算する固定資産税

ちなみに私が実際納税した固定資産税はこちらです。

第1期32,700円
第2期29,000円
第3期29,000円
第4期29,000円
合計119,700円

この合計119,700円で試算してみます。

nanacoで支払う場合


nanacoの場合は1回のチャージ上限などがあるので納税額にもよりますが一括で払うことは難しいでしょう。クレジットカードからnanacoにチャージしてポイントが付くメジャーなクレジットカードは楽天カード(還元率1%)や【リクルートカード】還元率(1.2%)かと思います。ここでは楽天カードを例に計算してみます。

チャージ金額119,700円
楽天カードの場合1,197ポイント
得する金額1,197円

楽天カードでnanacoにチャージして納税すると1,197円(1%)得する計算です。
※楽天カード利用によるnanacoチャージは2017年11月でポイント付与対象外となってしまいました。

クレジットカード決済手数料

都税クレジットカードお支払方法サイトでは、クレジットカード決済手数料が税額10,000円ごとに78円が加算されます。

税額*決済手数料
1円~10,000円78円
10,001円~20,000円157円
20,001円~30,000円236円
30,001円~40,000円315円
40,001円~50,000円394円
50,001円~60,000円473円
60,001円~70,000円551円
70,001円~80,000円630円
80,001円~90,000円709円
90,001円~100,000円788円
  • 以降、税額が10,000円増えるごとに決済手数料73円(消費税別)が加算されます。

手数料は金額によって異なりますが極端な例の場合

  • 納税額が1円の場合78円の手数料(7800%)
  • 納税額が1万円の場合78円の手数料は(0.78%)

まぁ、ぴったり1万円ってことはなかなかないと思うので決済手数料を一般的には0.8%が目安でしょうか。


今回の場合は0.79%の手数料が必要となり、クレジットカードの場合は支払額120,646円となりました。

ANA VISAゴールドカードで支払う場合


ANAのゴールドカードの場合100円で1マイル獲得できます。

支払金額120,646円
獲得マイル1,206マイル
1マイル=2円と仮定2,412円
決済手数料-946円
得する金額1,466円

ANA VISAゴールドカードで納税すると1,466円(1.2%)得する計算です。実際はこれにステージボーナスポイントが加算されるのでもう少し還元率はアップすると思います。

ANA SFCゴールドカードとプラチナカードの分岐点

ANA VISAプラチナカードで支払う場合


ANA VISAプラチナカードの場合100円で1.5マイル獲得できます。

支払金額120,646円
獲得マイル1,809マイル
1マイル=2円と仮定3,618円
決済手数料-946円
得する金額2,672円

ANAゴールドカードで納税すると2,672円(2.2%)得する計算です。ということで今年もANA VISAプラチナカードで納税することにします。1,800マイルソラチカルート1/10ですが、ちりも積もればですね(^^)

ソラチカルートとは?ANAマイルへ高レートで交換を実現!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です